FC2ブログ
日進月望

プロフィール

とし@人生の旅人

Author:とし@人生の旅人
とし@人生の旅人です。
面白いなぁと思った情報のshareや、日々感じた・考えたことなどをつらつらと書き連ねる中で、色んな想いを共有していけたらなぁと思います。
あ、ワークショップや交流会も定期的にやってるので、こちらもよろしくです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



What YOU CAN do?

南村千里さんの講座を受けてきました。
http://chisato.h-and-c.jp/profile.html

耳の聴こえないダンサーの方です。
ご自身の活動など、障がいを持った方々の表現活動の紹介が主だったのですが、
その一つひとつ、そして南村さん自身から溢れる魅力とパワーに魅了されました。

中でも一番心に刺さったのが、障がいを持つ人への対応です。

日本だと、
 耳が聞こえないんです。
 ←大変ですねぇ
なぁんて同情がかえってくることが多いと思います。

対してロンドンでは、
 耳が聞こえないんです。
 ←じゃあ、あなたは何ができるの?


障がいなんて一つの側面にとらわれず対等に向き合う。
この発想、とても建設的だと思いませんか!?
といいつつ、情けないことに自分は回答に困りました。

当たり前の様に五体満足で生まれて、
色んなものを見たり、聞いたり、話したりetc
できることはいっぱいなのに、恵まれているのに、
何だかもゃもゃして日々をすごして、何が出来るか?即答できない。

目が見えない方は、暗闇の中で素早く動き、お化け屋敷で大活躍、
小人症の方は、ハリーポッターのドビー等の役で、演劇界で引っ張りだこetc

障がいって何なんでしょう?
こんな華々しく活き活きと、積極的に切り拓いていく姿を見ると、
いわゆるフツーの人の方が、よほど不自由に見えてしまいました。

無い物ねだりで、だだこねるでなく、
与えられた環境に感謝して、出来ることにもっとフォーカス、活かしていこう☆


そして、”障がい=個性の一種”と感じさせてくれた、
素晴らしいパフォーマンスの数々。
一味違うフィルターを通じて紡ぎだされた世界に魅了されたので、
 逆に音の聞こえない世界の人から見る、音が聞こえる人たちのDANCEの見え方、その違いは?
と質問したのですが、即答してもらえず、こういう深い話お酒飲みながらがいいね。と言われてしまったので。。。

また今日のworkshopで何か感じてこようと思います。
芸術⇒その人の個性・フィルターで世界を切り取り、鑑賞者に感じる・考える機会を提供するもの。
DANCE⇒”音”を”動き”に翻訳してリンクさせる表現活動
こうした自分の価値観はどのように変化させられるのかな?
スポンサーサイト